アートのみはらし

会期:2018年3月19日(月)- 3月25日(日)9:30~17:30 *3月20日(火)は休場
入場無料 展望室への最終入場は17:00まで
会場:都庁南展望室(新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎45階)主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館(東京都渋谷公園通りギャラリー)
特別協力:日本財団
出展作家:戸來貴規、松本寛庸、村田清司、八島孝一、吉川秀昭、吉澤健

 

Life and Creation

Open|19 Mar Mon. – 25 Mar Sun., 2018
Venue|South Observation Deck of Tokyo Metropolitan Government Building 2-8-1, Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo
Artists|Takanori Herai, Seiji Murata, Hironobu Matsumoto, Koichi Yashima, Hideaki Yoshikawa, Takeshi Yoshizawa
Organized by|Tokyo Metropolitan Government,Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art, Tokyo(Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery)
In cooperation with|The Nippon Foundation

 

東京都渋谷公園通りギャラリーでは、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団の連携のもと、ダイバーシティの理解促進を目指して活動しています。
3月19日からは都庁展望室にて、フランスで開催された「アール・ブリュット・ジャポネ」展に参加した6名の作品展示を行います。
連綿とつくられるそれらの作品が途方もない切実さをもっていることもあれば、思いがけずひょうきんな表情をみせることもあります。展望室から見える景色とあわせてお楽しみいただければ幸いです。

展示に合わせて、昨年当ギャラリーで開催された「あら まほし Art, anything to access a world」にて上映された大宮エリー氏による映像を、会場とwebにて3月25日まで限定公開しています。合わせてお楽しみください。
※webでの動画公開は終了いたしました。

 

※本企画は都庁展望室が会場です。
「東京都渋谷公園通りギャラリー」は改修工事に向けてクローズしていますのでご注意ください。
都庁展望室は天候等によって休場する場合がございます。最新の情報はウェブサイトからご確認ください。
http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/index.html

 

チラシ表

チラシ裏

 

 

ボクと15人の王様と女王様の作品展-こどもたちの小出ナオキつかいかた図鑑-

概要|info 作家紹介|artist 関連プログラム|events

 

造形作家の小出ナオキは、こどもたちが存分に創造性を発揮できる場所をこどもみらい園のアート室で築きました。さまざまな特性をもつ素材をもとに造形する小出は、そこでは粘土や鉛筆、木材と一緒に自らを素材としてこどもたちにさし出します。そして、かれらが思い描く空想のできごとや追求したい事柄を軸に、共に独創的なときを過ごします。本展では、15人のこどもたちが作家=小出をつかってそれぞれの創造性を切り開いた軌跡を辿ります。

 

会期:2018.1.18(木)- 3.10(土)
会場:東京都渋谷公園通りギャラリー
東京都渋谷区神南1-19-8渋谷区立勤労福祉会館1階
開館時間:12:00-19:00
開館日:木-日曜日 ※月、火、水曜日、第二日曜日は休館
料金:入場無料
出展作家:小出ナオキ、東京未来大学こどもみらい園のこどもたち
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
協力:東京未来大学こどもみらい園、小山登美夫ギャラリー、
株式会社アイザック、ダイナパック株式会社、ツナキ有限会社、有限会社石橋材木店

 

【Information】

Naoki Koide, a sculptor, has built a place for children to enrich their creativity at Kodomo Mirai En’s art class. Just as Koide usually produces his artwork made of a wide range of materials, he encourages children to use media such as clay, pencils and soil as well as Koide himself to boost their spontaneity. Koide and each child interact each other in creative moments for pursuing their own imagination and interests.

This exhibition will trace a process of how 15 children were served by Koide=artist and expand each of their own creativity.

 

18 Jan Thu. – 10 Mar Sat., 2018
Venue|Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery
Opening|12:00-19:00
Open|Thu, Fri, Sat, Sun(closed every Mon, Tue, Wed, and 2nd Sunday of month)
Admission Free
Artists|Naoki Koide, children at Kodomo Mirai En, Tokyo Future University
Organized by|Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art, Tokyo
In cooperation with|Kodomo Mirai En, Tokyo Future University, Tomio Koyama Gallery,IZAK CO.,LTD., Dynapac Co.,Ltd., Tsunaki CO.,LTD., Ishibashi Zai Moku CO.,LTD.

 

【作家紹介】

小出ナオキ|Naoki Koide
1968年、愛知県生まれ。1992年に東京造形大学造形学部美術学科を卒業。家族や空想を題材に木やセラミック、FRPを用いて制作された作品は国内外で高い評価を受けています。現在は制作活動と並行し、こどもみらい園の「アート室」を担当。主な展覧会に「Read Me a Story Daddy」(小山登美夫ギャラリー、2013年)や「マインドフルネス!高橋コレクション展 決定版2014」(名古屋市美術館、2014年)など。

東京未来大学こどもみらい園について:発達障がいやコミュニケーションに課題を抱えるこどもたちが通うイノベーションスクール。IT、英語、体操などさまざまなコースで子どもたちの特性を引き伸ばすことを目的としている。

【Artist】

Naoki Koide
Born in 1968 in Aichi, graduated from Tokyo Zokei University in 1992. Visualizing his ideal family and fantastic creatures made of  various materials such as wood, ceramic and FRP, Koide internationally draws attentions. He also works for an art class at Kodomo Mirai En. Major exhibitions “Read Me a Story Daddy” (Tomio Koyama Gallery, 2013), “Takahashi Collection 2014 Mindfulness!” (Nagoya City Art Museum, 2014) and so on.

Tokyo Future University Kodomo Mirai En: school for children having developmental disorders and difficulties in communication. A number of courses such as IT, English and exercise are set to nurture each child’s own characteristics.

 

【関連プログラム】

[小出ナオキのつかいかたワークショップ]
*事前申込制(定員10組・1組2名)*見学は申込不要

ラクガキ編 第1回2018.1.21(日)13:00-16:00、第2回2018.2.25(日)13:00-16:00
ペンやクレヨン、水性(すいせい)絵(え)の具(ぐ)を使って、壁(かべ)一面にラクガキをします。音楽家(おんがくか)による生(なま)演奏(えんそう)つき。
※汚(よご)れてもよい服装(ふくそう)で越(こ)し下さい。

ツミキ編 第1回2018.1.28(日)13:00-16:00、第2回2018.3.4(日)13:00-16:00
切りたての木端(こっぱ)を大小さまざまなやすりで磨(みが)いたり、色をのせ、自分だけのツミキを作ります。

お申込み方法
氏名・ご連絡先(e-mailアドレスまたはFAX番号)・ご希望の日程をご記載のうえ、各イベント開催から7日前までに、e-mailまたはFAXでご連絡ください。申込み多数の場合は、抽選のうえ5日前までにご連絡いたします。
e-mail inclusion@mot-art.jp
FAX 03-3463-0613

 

トーク *申込不要

[Gifted -アート室のこどもたちを起点に-]
2018.2.4(日)14:00-16:00
小出ナオキとこどもたちに起こった変化を振り返りながら、その可能性を議論するトークイベント。
登壇者:池田準(東京未来大学こどもみらい園)、岡村佳子(東京未来大学元教授)、小出ナオキ(現代美術作家)、斉藤幸枝(こどもみらい園園長、元足立区教育長)

 

[アーティストトーク]
2018.2.18(日)14:00-16:00
展覧会に登場するこどもたちの作品と、自身の作品について小出ナオキがお話します。
登壇者:小出ナオキ

詳細は適宜当ギャラリーホームページにてご案内いたします。
プログラム内容はやむを得ず変更される場合がございます。予めご了承ください。

 

報道機関の方向けプレスリリース

 

 

 

 

 

あら まほし Art, anything to access a world

【概要】
自分を取り巻く世界を判りやすく切り分けることで、身の周りのことを理解することに慣れすぎた私たちの日常で、心をざわつかせるものに接したときに、何が起こるのか。

美は美のまま、醜は醜のまま、混沌は混沌のまま、そこにあるものとして、ただ、見つめ、その存在を感じることで、自らの世界を解きほぐす力は増大し、速度は加速するのではないでしょうか。

何かの存在を意味する「あら」と、希求することを意味する「まほし」という二つの意味の間に、何かある/何もない空間を置いたタイトルの「あら まほし」は、「人が表現する」を詳らかにしようとするとき、表現することと生きることが肉薄した存在であり、本展覧会という空間-人が生きることについて感じる場-で起こるであろうそれぞれの心の動きを期待するものです。

会期 2017.11.9(木)-12.17(日)
会場 東京都渋谷公園通りギャラリー
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F
03-3463-0610
開館時間 12:00-19:00
開館日 木、金、土、日曜日 ※月、火、水曜日、第二日曜日は休館
料金 入場料無料
出展作家 大宮エリー、小林正人、特定非営利活動法人クリエイティブサポートレッツ、戸次公明
主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
協力 小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、びわこ学園医療福祉センター野洲

【次回予告】
「ボクと15人の王様と女王様の作品展 -こどもたちの小出ナオキつかいかた図鑑-」
出品作家:小出ナオキ、こどもみらい園のこどもたち
協力:学校法人三幸学園東京未来大学こどもみらい園
会期:2018.1.18(木)-3.10(土) 12:00-19:00
開館日:木、金、土、日曜日 ※月、火、水曜日、第二日曜日は休館
入場無料

 

【作家紹介】

大宮エリー|Ellie Omiya
活動拠点:東京都
作家、脚本家、映画監督、演出家等として、様々な分野のクリエーターとジャンルを超えて活躍。2012年、東京国立博物館法隆寺宝物館で、初めてライブ・ペインティングを行って以降、画家として活動の幅を広げる。近年の展覧会:2016年「シンシアリー・ユア-ズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」(十和田市現代美術館、十和田市内)

小林正人|Masato Kobayashi
活動拠点:東京都、福山市(広島県)
常に枠組みから自由に、新たな絵画へ挑み続ける画家。1997年よりベルギーを拠点に各地で現地制作を続け、2006年に帰国。

パブリックコレクション:S.M.A.K./ゲント現代美術館(ベルギー)、セゾン現代美術館(軽井沢)、高橋コレクション(東京)、東京国⽴近代美術館など多数

認定NPO法人クリエイティブサポートレッツNon-Profit Organization Creative Support “Let’s”
活動拠点:浜松市(静岡県)
「あたりまえ」から「あるがまま」に。あらゆる人が「ちがい」を乗り越え、人の生きる力を見つめてゆく場を提供しているアートNPO。私設公民館「のヴぁ公民館」障害福祉サービス事業所「アルス・ノヴァ」の運営/活動は、あらゆる枠組みを揺らし続けている。

戸次公明|Komei Bekki
活動拠点:野洲市(滋賀県)
外界のあらゆるもの、人や風、雨の変化を細やかに受け取りながら、それらを受止めることが苦手な戸次の繊細さは、1979年第二びわこ学園に開設された粘土室で、粘土「あそび」に出会う。その時々の彼の想いが、現在も粘土あそびに映され続けている。

 

【関連プログラム】

トーク
2017.11.18 (土)14:00 – 16:00
大宮エリー、小林正人、久保田翠(認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ代表)、水津哲(びわこ学園医療福祉センター野洲 粘土室担当)
今回の展覧会に出品されたアーティストと関係者の方々によるトーク。トーク終了後は、来場者のみなさまとの交流の時間を設けます。

シンポジウム コーディネート by クリエイティブサポートレッツ
『生きるとアート〜障害福祉の現場から文化を考える〜』
2017.12.15(金) 18:30 – 20:30
人が生きて在ることに直結する福祉の現場、そこで生まれる表現や編み出される術(すべ)―それは言うまでもなく「作品」に限りません―について、福祉とアートの各領域からゲストをお招きします。

[パネリスト]シェアハウス&イベントスペース「TransitYard」、中村和利(NPO法人風雷社中・理事長)、石川明代(バリアフリー社会人サークルcolors・代表)、認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ

[コメンテーター]港千尋(写真家・著述家)

 

クロージング・トーク『人が表現する』
2017.12.17(日) 14:00 –16:00
大宮エリー、小林正人、建畠晢(詩人・美術評論家)
絵画、ことばという表現方法をもつ3名が「人が表現する」ことをテーマにしたトーク。トーク終了後は、来場者のみなさまとの交流の場を設けます。
※都合により建畠晢氏は当日欠席となりました。予めご承知ください。

『佐々木誠監督 レッツの映画(観光編)上映会』
2017.12.22(金)19:00-
レッツが始めた観光事業「タイムトラベル100時間ツアー」。その反響を届けるべく、映画監督の佐々木誠が製作したプロモーションビデオを本邦初公開!佐々木監督のアフタートークあり。

 

参加型イベント*
『レッツがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』
2017.11.23(木・祝)、12.3(日) 14:00-15:30
クリエイティブサポートレッツの運営する障害福祉施設「アルス・ノヴァ」を利用しているメンバーとスタッフが、浜松からやって来ます。彼らと共に過ごすことで、あなたの“当たり前”が揺さぶられる、そんな体験ができるかもしれません。*事前申込制(定員10名)*見学は申込不要
クリエイティブサポートレッツ イベントページ

*お申し込み方法
氏名・ご連絡先(EMAILアドレスまたはFAX番号)・ご希望の日程をご記載のうえ、各イベント開催から7日前までに、メールまたはFAXでご連絡ください。申込多数の場合は、抽選のうえ5日前までにご連絡いたします。
EMAIL inclusion@mot-art.jp
FAX 03-3463-0613

詳細は適宜当ホームページにてご案内いたします。
プログラム内容はやむを得ず変更される場合がございます。予めご了承ください

【Information】

Nowadays, we tend to categorize things in everyday life to make them easier to understand. But often the things we encounter defy categorization and confuse our feelings. To take things just as they are, accepting beauty as beauty, ugliness as ugliness and chaos as chaos, helps us understand the world and enables us to go deeper into the heart of things with greater speed.

The exhibition “ara mahoshi” celebrates diversity. The word aramahoshi (“May it be so”) is formed of “ara” (existence) and “mahoshi” (wish). The blank space interposed in the title indicates the diversity of everyone’s wish for existence. When we recognize that all people have need to express, we will see that expression and life are inseparably related. The artworks and events of “ara mahoshi” are diverse expressions of life. It is hoped that each viewer, in experiencing them, will be moved to feel his or her own expressive existence.

 

Period 2017.11.9(Thu)-12.17(Sun)
Venue Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery
Shibuya Workers’ Welfare Hall 1F, 1-19-8, Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0041
Opening hours 12:00-19:00
Open every Thu, Fri, Sat, Sunday(every Mon, Tue, Wed, and second Sunday is closed)
Admission Free
Artists Ellie Omiya, Masato Kobayashi, Non-Profit Organization Creative Support Lets, Komei Bekki
Organizer Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art, Tokyo
Cooperation Tomio Koyama Gallery, ShugoArts, Biwako Gakuen Medical Welfare Center Yasu

 

【Artists】

Ellie Omiya
Based in Tokyo

Omiya started her career as a painter in 2012 while working in various creative fields as a writer, screen writer, TV producer and stage director. Since then, she has pursued her passion for painting and undertaken live painting performances with musicians. Recent solo exhibition: “Sincerely Yours, Ellie Omiya” (Towada Art Center and Centaral Towada, Aomori, 2016)

Masato Kobayashi
Based in Tokyo, Fukuyama (Hiroshima)

As a painter, Kobayashi has kept searching for new ideas for painting, trying to be completely free from stereotypes.  After moving to Belgium in 1997 and working in various places, he returned to Japan in 2006.
Public collection: S.M.A.K. Museum of Contemporary Art, Ghent(Belgium), Seazon Museum of Modern Art (Karuizawa), Takahashi Collection (Tokyo) and The National Museum of Modern Art, Tokyo etc.

Non-Profit Organization Creative Support “Let’s”
Based in Hamamatsu (Shizuoka)

Through their motto “From ‘as it should be’ to ‘as it is’, Creative Support “Let’s” provides places for people to appreciate their differences. The organization runs the  privately operated community center “Nova Komin-kan” and a welfare service facility for challenged people “Ars Nova”. Their activities have made an impact on conventional frameworks in society, not only in the field of welfare but also in art.

Komei Bekki
Based in Yasu (Shiga)

Sensitively capturing all things from the external environment, such as people, wind and rain, Bekki had difficulties controlling his acute sensitivity. Since Daini Biwako Gakuen, a medical welfare center where Bekki has been staying, opened a clay room in 1979, he started playing with clay. His thoughts and feelings at his own moments are reflected into his “play” with clay.

Posted by:webadmin