渋谷拠点開設に向けたプレ事業
移動する港Ⅰ 「豊かな不都合」
Trans-PortⅠ: Fertile Differences

会期|2018年8月14日(火)- 8月28日(火) 11:00-18:00
入場無料 毎週木曜休場
会場|四谷三丁目ランプ坂ギャラリー(東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内)
主催|公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館(東京都渋谷公園通りギャラリー)
出展作家|榎本高士 関川航平 即興からめーる団 檜皮一彦

Open|14 Aug. Tue. – 28 Aug. Tue., 2018 11:00-18:00
Admission Free Closed on Thursday
Venue|Gallery Lamp(4 Chome−20, Yotsuya, Shinjuku, Tokyo)
Artists|Takashi Enomoto, Kohei Sekigawa, Sokkyo-Karameru-Dan, Kazuhiko Hiwa
Organized by|Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art Tokyo (Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery)
English follows Japanese


わたしたちはときどき、うまくいかない。

たとえば口笛が吹けない、ウィンクができないなど身体にまつわるささいなこと。一言の過不足に思わぬ誤解を得るなど言葉の難しさ。些事に左右される自分の気分や、他人の心理のわからなさに歯がゆさを感じる人も多いでしょう。

自身の身体と心のコントロール不能性や、他者の思考や身体感覚の不可知性など、自分と他人をとりまくある種のままならなさは、障害・健常といった区分に関係なく大なり小なりだれにでも起こりえます。そうした個別の事情は、平板化した社会のなかでは都合の悪さとして現れることもあります。しかし、そうしたことを焦燥ではなく、創造性を秘める豊かさとして捉えることはできないでしょうか。本展では、自己と他者とその間に生起する「うまくいかなさ」をテーマに、それぞれ独自の仕方で自他に向き合う四組による作品を展示します。局地的で、しかし無視できないだれかとわたしのあり方について、鋭く、朗らかに可能性を開く作品をご覧ください。

 

出展作家
榎本高士(えのもと たかし)
1985年生まれ、2004年からやまなみ工房(運営:社会福祉法人やまなみ会)に所属。同施設にて清掃作業などを担当するかたわら、2014年頃からクレヨン、アクリル絵の具などを用いたドローイングをはじめる。短いストロークを幾度も重ねる筆遣いと穏やかな色彩が特徴的。アトリエでは、静かに、ゆるやかなリズムを周囲と共有しながら制作を進める。近年の主な参加展覧会に2017年「アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?-そこにある価値-」(EYE OF GYRE、東京)がある。

関川航平(せきがわこうへい)
1990年生まれ。パフォーマンスやインスタレーション、イラストレーションなどさまざまな手法で作品における意味の伝達について考察する。近年の主な個展に2017年「figure/out」(ガーディアンガーデン、東京)など。グループ展に2018年「SICF19 PLAY」(スパイラル、東京)「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」(国立国際美術館、大阪)「漂白する私性 漂泊する詩性」(横浜市民ギャラリー、神奈川)、2017年「BankART Life Ⅴ~観光」(BankART NYK、神奈川)ほか。

即興からめーる団(そっきょうからめーるだん)
音楽家・赤羽美希(東京藝術大学大学院音楽研究科修了・東京音楽大学非常勤講師)と打楽器奏者・正木恵子(日本大学芸術学部音楽学科打楽器専攻卒業、フリーパーカッショニスト)による音楽ユニット。2006年より活動を開始。うたづくり、楽器を使った音楽ワークショップなどを開催するほか、演奏活動も精力的に行う。障害のある人とない人が共同でうたを創作する「うたの住む家プロジェクト」を主催し、ワークショップに参加した一人ひとりがいなければ成り立ち得ない音楽づくりを続けている。

檜皮一彦(ひわ かずひこ)
自身も使用する車椅子や身体・器官をモチーフにした彫刻・インスタレーションを幅広く手がけ、近作では自らが登場する映像も取り入れている。律動的でユーモラスな作風は直感を刺激するが、同時に身体に関する固定化したイメージをあぶりだす。近年の展覧会に2018年「inner space colony」(ARTZONE、京都)、2017年「新古宮展」(伊丹市立伊丹郷町館、兵庫)、2016年「ニュー・オーガニクス」/(京都造形芸術大学、京都)などがある。

 

関連イベント
・ワークショップ
第1回 8月18日(土)14:00-17:00:関川航平によるワークショップ
参加者同士で「見たこと」「見なかったこと」について話しあってみます。
[作家から内容について]
まずはじめに、参加者には自身の過去に起こったことについての短い文章を書いてもらい、その文章を参加者同士でランダムに交換します。次に、受け取った文章を「自分の過去に起こった話」として読みやすいように改変してもらいます。最後はそれをひとりずつ読み上げてもらおうと思います。
起こらなかった誰かの過去について自分のことのように喋り、自分に起こった過去を他人の口から人ごとのように聞く、という経験を一緒にやってみたいと思います。(作家本人も参加します。)

第2回 8月19日(日)14:00-17:00:即興からめーる団によるワークショップ
即興からめーる団と一緒にみんなでひとつのうたを作ります。作詞や楽器の演奏技術は不要です。どなたでもご参加ください。

参加無料 事前要申込み 各回定員20名(応募多数の場合は抽選)
参加ご希望の方は8月10日(金)までに、下記の必要事項をご記入の上eメールでお申込みください。
※追加募集決定。8月17日(金)正午まで募集期間を延長いたします。ぜひご応募ください。
必要事項:①参加希望回、②希望者全員の氏名、③年齢、④性別、⑤代表者の氏名、⑥連絡先(eメールアドレスおよび電話番号)、⑦事前に伝えておきたいこと(あれば)
お申込み先:inclusion@mot-art.jp 件名は「ワークショップ申込み」としてください。

・トークイベント
8月28日(火)16:00-18:00:出展作家によるトークイベント
今回の展示作品について聞きつつ、展覧会テーマである「不都合の豊かさ」を探ります。
参加無料 申込み不要 定員50名
※関連イベントの詳細・変更は随時ウェブサイトにてご案内いたします。

会場アクセス
四谷三丁目ランプ坂ギャラリー(東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内)
四谷ひろばホームページ
東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 2番出口から徒歩5分
(四谷三丁目駅は2番線がわ2番出口のみ地上エレベーターがあります。1番線からは階段エレベーターが続くため、新宿三丁目駅等で乗り換えて2番線をご利用されると便利です。)
四谷三丁目駅バリアフリー情報


移動する展覧会「移動する港」について
作品を前に私たちは感動したり思索にふけったりして、あるいは人と話して共有したりできます。作品と私とだれかをとりまく関係は、差異と共感に溢れて、豊かです。近年では、ひとの生活や関係に密接し、福祉や地域コミュニティ等の社会的課題に向き合うアートプロジェクトも多く登場しています。人の生き方や価値観がますます多様化する社会の状況に呼応して、美術の現場もまた多様なアプローチを試みているのです。こうした状況を背に東京都現代美術館では、新たな取り組みをはじめています。

2017年には渋谷区神南に「東京都渋谷公園通りギャラリー」を暫定的に開設し、東京都と連携しながら芸術を通じた共生社会の実現を目指したさまざまな事業を始めています。ギャラリーは改修工事のため現在休館中で、2019年度にリニューアルオープンを予定しています。

本年度はリニューアルオープンに先立ち、「移動する港」を共通タイトルに掲げる展覧会を都内三ヶ所で開催します。各地から船が乗り入れ、多くの文化が交差し続ける港のように、さまざまなタイプの表現と鑑賞者が出会う場の創出を目指す企画です。展覧会ごとにテーマを変え、三様の切り口で芸術と共生のあり方を探ります。展覧会の詳細は随時ウェブサイト等でご案内いたしますのでぜひご覧ください。

チラシA面ダウンロード
チラシB面ダウンロード


Concept

Sometimes things don’t go as we want them to.

Sometimes, it’s all about physical and you simply cannot whistle, or wink; some other times, it’s about difficulty in verbal communication where your use of just one word too many or too less may lead to unexpected misunderstandings; it may also be about your susceptible mind easily affected by trifles; or about elusive thoughts and feelings of others that frustratingly hard to sense.

Inability to regulate our own bodies/minds and uncertainty about other people’s thoughts and physical sensations. These kinds of uncontrollability are commonly seen in ourselves and our relationships to others, and in fact, can be experienced more or less by anybody whether they have a particular disability or not. Such individual differences may be noticed simply as inconvenient conditions in a uniformed society of ours today. But wouldn’t it be possible to view these conditions as fertile, rather than frustrating, inconveniences that abound in creative possibilities? In this exhibition we will seek the quality of ”situations where things don’t go well” found in ourselves, others, and in our relation to them, with the works by four aspiring artists who have been facing squarely at themselves and others in their own unique ways in the light of relationships. We hope you will enjoy these exhibits as they open up possibilities of our being ourselves and our relation to somebody who is pinpointedly local, but also too universal to ignore, expressed with artists’ keen insights in a merry, light-hearted air about them.

Artists
Takashi Enomoto
Born in 1985. Enomoto initially joined YAMANAMI as cleaning staff in 2004 but started drawing with crayons and acrylic paints around 2014. Repetition of short strokes and composition using calm colors are his signature style. Enomoto creates his art pieces in the studio sharing with others the gentle rhythm flowing in  the serenity. Recent exhibition: “Art Brut? Outsider art? Or…? Inherent Creativity,” EYE OF GYRE, Tokyo, 2017.

Kohei Sekigawa
Born in 1990. Sekigawa focuses on conveyance of meaning through various forms of artwork such as performance, installation and illustration. Recent exhibitions: ”figure/out,” Guardian Garden, Tokyo, 2017; ”Travelers: Stepping into the Unknown,” The National Museum of Art, Osaka, 2018; ”Immersed Identity/Drifting poetry,” Yokohama Shimin Gallery, Kanagawa; “BankART Life V – Kanko (Sightseeing),” BankART NYK, Kanagawa, 2017.

Sokkyo-Karameru-Dan
A unit of Miki Akahane, musician, and Keiko Masaki, percussionist. Starting an artistic career in 2006, they have since pursued their passion not only for composing and organizing workshops but also for playing the musical instruments. They run an interactive project “Uta-no-Sumu-Ie Project” with an aim to create songs that could only be made in cooperation with all the participants at the venue.

Kazuhiko Hiwa
Hiwa incorporates motifs of wheelchairs, which he also uses, and body/organs into a wide range of his works including sculptures and installations. Recently he is also producing video pieces where he plays a role himself. While his rhythmical and humorous style stimulates viewers’ intuition, it reveals stereotyped images of human bodies. Recent exhibitions: ”inner space colony,” ARTZONE, Kyoto, 2017; ”Shin-ko-kyu,” Itamigo-cho-kan, Hyogo,2017; “New Organics,” Kyoto University of Art and Design, Kyoto,2016.

Events
18 Aug. Sat., 13:00-16:00 Workshop by Kohei Sekigawa
A workshop to talk about what we see and we don’t see.

19 Aug. Sun., 13:00-17:00 Workshop by Sokkyo-Karame(-)ru-Dan
A workshop to make a song with Sokkyo-Karameiru-Dan. No skills for writing lyrics or playing the musical instruments is needed. Anybody is welcome.
Admission Free Reservation required 20 seats for each event
Please book via email with all information below by 10 Aug. Fri*.
*We accept your application until 17 Aug. Fri.
1.Names of all applicants 2. Ages 3. Genders 4. Name of representative 5. Contact (email address and phone number) 5. Any special supports if needed
Application: inclusion@mot-art.jp

28 Aug. Tue., 16:00-18:00 Artist talk
Talk session by the artists on their artwork and about fruitfulness of inconvenience.
Admission Free No reservation required 50 seats for the session
* Details and news for events will be updated on the official website.

 

About “Trans-Port”
Section for Inclusion in the Arts, Museum of Contemporary Art Tokyo, pursues a way to increase diversity in the society through art in cooperation with Tokyo Metropolitan Government. With opening of “Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery” in Jinnan Shibuya in 2017, we held two exhibitions. The gallery is currently under renovations and will reopen in 2019.

There are a variety of art projects standing by in our everyday life and social connections today especially in the field of welfare and local communities. Under compelling circumstances in order to establish a solid social system to accommodate various value systems and life styles, the frontline of the art world is also making attempts in many ways to overcome the challenges. The gallery has been preparing for its renewal opening to participate in this initiative, too.

Prior to the renewal opening, the gallery will hold three exhibitions across Tokyo as a project “Trans-Port” throughout this year. As many ships come in from various sites and keep exchanging diverse cultures at a port, the objective of this project is to provide opportunities for everyone to meet many different types of expression and people. Details for the exhibitions will be announced on the official website.

Access
Gallery Lamp (4 Chome−20, Yotsuya, Shinjuku, Tokyo)
5-minute walk from Gate 2 at Yotsuya-sanchōme Station, Marunouchi-Line

 

Posted by:アール・ブリュット事務局

平成30年度は都内各所で出張展示・PR事業等を展開して参ります。
催しの詳細は順次こちらのウェブページ等でご案内いたします。

We will have exhibitions and art events in various spots in Tokyo.
Detail will be informed on this web page and other media.

Posted by:webadmin