2021年度の主な事業について(会期等変更)


東京都渋谷公園通りギャラリーの2021年度の主な事業については、2021年2月8日に公益財団法人東京都歴史文化財団プレスリリース「2021年度 都立文化施設の主な事業について(お知らせ)」においてお知らせしたところですが、以下のとおり、会期等を変更させていただきます。
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

<  2021年度の主な事業 >
                                  【変更前】                 【変更後】
  • 展覧会「レターズ ゆいほどける文字たち」      2021年1月23日~3月21日         2021年3月13日 ~ 6月 6日    
  • アールブリュット2021特別展            (巡回会場)2021年4月~7月              変更なし
                             (当ギャラリー)2021年7月17日 ~9月26日           変更なし
  • 展覧会「語りの複数形」               2021年4月10日 ~6月27日         2021年10月 9日 ~12月26日
  • 展覧会「都築響一プレゼンツ おかんアート」     2021年10月9日 ~12月12日           2022年1月22日 ~4月10日
  • 交流プログラム                   2021年 4月1日 ~ 2022年3月31日         変更なし
    ※会期全体が変動したことにより、2022年1月22日から開催予定であった「アウト・オブ・ライン」の開催は見送らせていただきます。
    ※事業名は令和3年2月15日時点のものです。事業内容は変更する場合があります。

  •               

今後の状況に応じて、更に変更となる場合もありますので、最新情報は当ギャラリーのホームページや公式ツイッター(@skdgallery)等で随時ご確認ください。

                                                                    令和3年2月15日
                                                            東京都渋谷公園通りギャラリー
                                                     (公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

ページの先頭へ