大木裕之

大木裕之 「とどく」大木裕之

映像作家の大木裕之は、生きづらさを抱えている若者の支援団体 NPO法人ピアサポートネットしぶや理事長の相川良子さんの協力をうけ、映像でのやり取りを開始しました。大木がプロフィール映像を送ることから始まったやり取りが、どのようなアート作品になるのか、このプロジェクトの経過を参加者の一人として、見届けてください。

大木相川さんの初顔合わせとなった2020年12月のトークイベントの様子は、こちら↓

レター/アート/プロジェクト「とどく」 キックオフ トークイベント Vol.3 / Letter / Art / Project "TODOKU"  Kickoff talk event Vol.3
レター/アート/プロジェクト「とどく」に参加するアーティストが登壇し、これまでの活動を紹介するとともに、「とどく」において展開しようとするプランについても触れていきます。ゲストには、各アーティストの交流施設の方や関係者をお招きし、本プロジェクトの展望と可能性を探ります。Artists participating ...

2021年10月に大木ディレクターの小川がプロジェクトの進捗について語ったクロストークこちら↓

Vol.3 大木裕之 × 小川希 レター/アート/プロジェクト「とどく」クロストーク(手話通訳付)/Letter / Art / Project "TODOKU" Cross Talk Vol. 3
2020年に始動した、レター/アート/プロジェクト「とどく」では3名のアーティストと参加者とのやり取りが少しずつ始まっています。そのやり取りの中でそれぞれのアーティストが感じていることや、2022年に開催予定の展覧会にどのようにつなげていくのかなど、アーティストたちの胸中に迫ります。また、視覚身体言語の研究やひき...

 

「とどく」大木裕之

とどく 230320

2023年 桜も咲きはじめて、春 が・ケア、今、八幡の蛍明舎という喫茶店で〈ケアブレンド〉をたのんだところ・先日、大江健三郎さんが亡くなられましたね・ケア、3/25には伊藤亜紗さんとトーク/パフォーマンスをすることになりました。〈とどく〉...
とどく

とどく 20230308

2023年 うさぎどし春に近づいているある朝、とどくがとどいたとどかないがとどいたともいえるけど、空も人もやっぱりとどくがとどいてくるありえないこともありえるしやっぱりありえることがとどいてくるとどけなくてもとどくとどけなくてもとどいてほ...
「とどく」大木裕之

20221123 とどく

は、イキキ、シ、モ、ツマリ、ツ、マリみなもとへ、流れこみ、はきあげる、ゼアクションをなあ、A ヨ イ  ケト        カチ
「とどく」大木裕之

20221122 とどく

ここで、〈フィクション〉の(問題)〜〈こと〉に(あらためて)たどりついたって言うか、〈フィクショナルなAくんと僕と現実の可能性/光を映像のやりとりで〉モ
「とどく」大木裕之

221121 とどく

Aくんにとどけようとする映像 の手がかり/メモやはりとても美しい光のもとの虫や動物の営み、輝き、じっとみつめ慈しむることに、、に対して人 〜ロングの方が、、コミカルなダンス・美しい情景の中で、、に、〈つなぎ〉の要素は、手や足の動きのアップ...
タイトルとURLをコピーしました