田中義樹

田中義樹 「とどく」田中義樹

美術作家の田中義樹は、清瀬市にある児童養護施設「子供の家」で生活する2名と手紙のやり取りを始めました。同施設の自立支援コーディネーター角能秀美さんのサポートをうけ、顔を合わせたことのない者同士のコミュニケーションはうまくいくのでしょうか。その行方をブログで綴ります。

田中角能さんの初顔合わせとなった12月のトークイベントの様子は、こちら↓

レター/アート/プロジェクト「とどく」 キックオフ トークイベント Vol.1 / Letter / Art / Project "TODOKU"  Kickoff talk event Vol.1
レター/アート/プロジェクト「とどく」に参加するアーティストが登壇し、これまでの活動を紹介するとともに、「とどく」において展開しようとするプランについても触れていきます。ゲストには、各アーティストの交流施設の方や関係者をお招きし、本プロジェクトの展望と可能性を探ります。Artists participating ...

2022年1月に田中ディレクターの小川がプロジェクトの進捗について語ったクロストークは、こちら↓

Vol.5 田中義樹 × 小川 希 レター/アート/プロジェクト「とどく」関連イベント クロストーク(手話通訳付)
2020年に始動した、レター/アート/プロジェクト「とどく」では3名のアーティストと参加者とのやり取りが少しずつ始まっています。そのやり取りの中でそれぞれのアーティストが感じていることや、2022年に開催予定の展覧会にどのようにつなげていくのかなど、アーティストたちの胸中に迫ります。また、視覚身体言語の研究やひき...
「とどく」田中義樹

山羊は手紙を待ちながら、待たれながら。

「3月はだいたい不安」 3月というのはみんな気分が落ち込んでしまいがちだというのを聞いて、3月気分が落ち込んでいた自分はちょっと安心しました。これから新学期が始まるとか進学するとか新生活を始める人は期待やら不...
「とどく」田中義樹

山羊は手紙を待ちながら、待たれながら。

「おかんアートもとどく」 早いもので2022年の2月も終わりますね。最近このブログを書くたびに成果展の近づきを感じてドキドキしてきています。現在、渋谷公園通りギャラリーでおかんアート注の展示をやってますが、それが話題になって...
「とどく」田中義樹

山羊は手紙を待ちながら、待たれながら。

「2022年」 2022年になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?自分の2022年の抱負は「投げ出さない」です。多少妥協してでも作品制作を投げ出さないようにしたいですね。毎年そう思っています。そう言えばこの1月で27歳になりまし...
「とどく」田中義樹

山羊は手紙を待ちながら、待たれながら。

「これが公開される頃にはあけましておめでとうございます!」 みなさまあけましておめでとうございます。今年こそ穏やかな1年になるといいですね。 と言いつつこのブログを書いているのは大晦日です。このブログを書き終われば仕事納めとい...
「とどく」田中義樹

山羊は手紙を待ちながら、待たれながら。

「ドーナツに挟まっている夢を見ている猫」 お久しぶりです。手紙のやりとりはものすごくゆっくりで、お返事も気づいた頃にやってくるというのが基本だったのですが、今やりとりしている小学生の女の子からの返事は爆速で来ます。手...
タイトルとURLをコピーしました