齋藤春佳

齋藤春佳 「とどく」齋藤春佳

美術作家の齋藤春佳亜細亜大学 経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科 客員准教授 橋本一郎さんの協力を得て、6名ろうの学生との手紙のやり取りを開始しました。その後、齋藤のもとに返事は「とどいた」のでしょうか。時差のある交流がどのようなアート作品に展開するのか、一緒にハラハラどきどきしてみませんか。

齋藤橋本さんの初顔合わせとなった2020年12月のトークイベントの様子は、こちら↓

レター/アート/プロジェクト「とどく」 キックオフ トークイベント Vol.2 / Letter / Art / Project "TODOKU"  Kickoff talk event Vol.2
レター/アート/プロジェクト「とどく」に参加するアーティストが登壇し、これまでの活動を紹介するとともに、「とどく」において展開しようとするプランについても触れていきます。ゲストには、各アーティストの交流施設の方や関係者をお招きし、本プロジェクトの展望と可能性を探ります。Artists participating ...

2021年8月に齋藤ディレクターの小川がプロジェクトの進捗について語ったクロストークこちら↓

Vol.1 齋藤春佳 × 小川 希 レター/アート/プロジェクト「とどく」関連イベント クロストーク(手話通訳付)
2020年に始動した、レター/アート/プロジェクト「とどく」では3名のアーティストと参加者とのやり取りが少しずつ始まっています。そのやり取りの中でそれぞれのアーティストが感じていることや、2022年に開催予定の展覧会にどのようにつなげていくのかなど、アーティストたちの胸中に迫ります。また、視覚身体言語の研究やひき...

 

「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳12【6人を、散開星団のすばる(プレアデス)(六連星)に例えたらどうだろう】

2022年1月7日の日記から全然手紙を出せてないけど、展示準備もやばくって、お茶を濁すかのように年賀状を全員に送った。 2022年2月24日の日記から身支度をしながら、このまま、やりとりができていない人にもこの調子で一方的に...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳11【絵を描いてる時間の方が、生きている時間より長い。】

2021年11月4日の日記から アトリエでVOCA注に出すデカい絵を描いていたら人があがってくる気配がしておびえて振り向いたら、大木さんで嬉しかった。指入湯に来てみたんだけど今日は休みだった、けど扉は開いてたから入ってみたら...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳 10【そのままでは生きづらい社会の方に障がいがあるんだとしたら】

2021年9月17日の日記から 郵便物たちに紛れていた手紙を見つけて、え!!!と思う。9月の初めに手紙をもらっていた。申し訳ない。夕飯とんかつうますぎる。天才?食べながらしていたIちゃんのばあちゃんの話から、私はおじいちゃんにもっと...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳 9【Hちゃんのダンスを見に出かける。】

2021年8月1日の日記から とどくで手紙やりとりをしてるHちゃんのダンスを見に出かける。新宿。 隣で見ているIが最初から最後までノっていた。「こういうのは見る側が含まれてるんだよ」とか。それは素晴らしい考え方だと思う。演目と...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳 8【トーク収録:「聴覚障がい者」という言葉をつかうのが気になるし、戸惑う】

●2021年7月29日の日記から 午後いち病院。変化なしの様子見。「聞きたいこととかありますか?」「気をつけることとか特別にはないですもんね…」「そうですね、普通に過ごしてください」「わかりました。普通に過ごします…」ってなんかちょ...
タイトルとURLをコピーしました