齋藤春佳

齋藤春佳 「とどく」齋藤春佳

美術作家の齋藤春佳亜細亜大学 経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科 客員准教授 橋本一郎さんの協力を得て、6名ろうの学生との手紙のやり取りを開始しました。その後、齋藤のもとに返事は「とどいた」のでしょうか。時差のある交流がどのようなアート作品に展開するのか、一緒にハラハラどきどきしてみませんか。

齋藤橋本さんの初顔合わせとなった12月のトークイベントの様子は、こちら↓

レター/アート/プロジェクト「とどく」 キックオフ トークイベント Vol.2
レター/アート/プロジェクト「とどく」に参加するアーティストが登壇し、これまでの活動を紹介するとともに、「とどく」において展開しようとするプランについても触れていきます。ゲストには、各アーティストの交流施設の方や関係者をお招きし、本プロジェクトの展望と可能性を探ります。【キックオフ トークイベント Vol.2】 ...

 

「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳「とどく」5

●2021年6月18日の日記から 朝ずいぶんバスが空いていて、進みも早くて、天気も明るくて、今日はなんの日?何時?と戸惑う。自分が曜日間違えて出勤している可能性に怯えて確認するけど金曜日。大丈夫。 一週間色々なことがあって、先...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳「とどく」4

●2021年6月15日の日記から やる気激しい。「大豆田とわ子と三人の元夫」の最終回があるからなんか感性がピリピリしてるきがする。ヨガして、筋トレめちゃする。数学の問題解いてから家出る。連立方程式便利だな。本当に忘れていた。ほとんど...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳「とどく」3

2021年6月7日手紙を書いていたら書くスピードより気持ちが急いてしまって、どんどんつんのめっていくみたいな気持ちになった。たくさんのことを伝えたい全部と一文字ずつしか書けないこの感じがもどかしい…と思ってそう書いた。書きながら、この一文...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳「とどく」2

2021年5月25日青梅街道の横断歩道を自転車で渡り終わったところで、猫がフタをされた自転車のカゴの中で鳴いている声が聞こえてきたから「二ャ」と返事した後それが自転車のカゴから聞こえて来たのに気づいたという順番でそこに猫がいることを知った...
「とどく」齋藤春佳

齋藤春佳「とどく」1

●2020年12月7日の日記から渋谷の打ち合わせ、《とどく》っていうのは、この手話が一番包括的なんですか? という問いの先、「 《聞く》っていう手話も難しくて。《 聞く》(耳にむかって物が入ってくるのを指し示すような)っていうとか、《聞く...
タイトルとURLをコピーしました